« “銀杏菴”以前 ◆ 1 | トップページ | “銀杏菴”以前 ◆ 3 »

2009年3月 2日 (月)

“銀杏菴”以前 ◆ 2

Kabe Tatami Shikii 改修工事は暑い盛の7月〜8月に、気心にしれた親戚の大工さんにお願いすることになりました。写真の通り、壁や畳、敷居など劣化したり腐食している部分もあり、どのように補修するか少し悩みました。竣工当時の面影を想像し材木等資材を当時と同じものを使うのが筋とも考えましたが、あまり本格的な材料を使うと言うのも現実的ではないと判断し、化粧板やコンパネを用いることにしました。平成の世に生き残る明治の建物として考えるとその方がベターではないかという解釈です。MeibokuOcchan

Latin

 菴主自らも下働きとして現場入りして工事を進めて行きました。表立って見えないところにも腐食した部分やシロアリにやられた箇所が見つかり、思った以上に大掛かりな工事となりましたが、大工さん以下、腕のいい職人さんのお陰で順調に工事も進み、より魅力ある空間となりました。この改修で知ったことにひとつに「腕のいい職人さんほど楽しそうに仕事をする」ということ。ペンキ屋さんは「今日も一日よう遊ばせてもろた。お金もろて遊ばせてもろとるんやからな」などと笑いながら言ってはりました。こういうコトバを嫌味なく口に…なかなかできることではないと思います。この菴の修復では、本当に色んなことを職人さん達から教えてもらいました。

(菴主)

|

« “銀杏菴”以前 ◆ 1 | トップページ | “銀杏菴”以前 ◆ 3 »

銀杏菴関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169632/28436576

この記事へのトラックバック一覧です: “銀杏菴”以前 ◆ 2:

« “銀杏菴”以前 ◆ 1 | トップページ | “銀杏菴”以前 ◆ 3 »