« 表千家流 茶道教室の御案内 | トップページ | 梅雨時分前にようやく雨漏り収まる »

2009年4月24日 (金)

銀杏菴の坪庭

Img_9351 Img_9367  手を入れる前の坪庭は灯籠が崩れ落ち、南天が二本生えていただけで少し寂しい風情でした。そこで賑やかにならない程度に味のある庭にとのことで、杉皮を張り替え、灯籠を元に戻し、秋口にモミジと黒竹を買い、シダなどを路地から移植しましたところ、春になってかなりええ風情の庭となってきました。本当はコケも柳生の里よりスナゴケの移植を試み、当初は順調に育っていたのですが、冬になりほぼ全滅。やはりコケは環境にうるさいみたいですね。そんなわけでコケはあきらめていたのですが、勝手に数種のコケが生えだし、徐々にですがええ感じに育ってきています。まぁ残念ながらその中にはゼニゴケも含まれており、ちょっと喜んでばかりもおれませんが。行く行くは夜間にも庭の風情を味わえる様にやんわりとした照明をと考えています。

(菴主)

|

« 表千家流 茶道教室の御案内 | トップページ | 梅雨時分前にようやく雨漏り収まる »

銀杏菴関連」カテゴリの記事

コメント

おじゃまいたします。
ミティークです。
 
とても素敵な坪庭ですね。
このお庭を見せていただいてると、
今日の疲れがどこかへ飛んで行き、
気持ちが和んできます~

季節が変わるごとに、お庭の顔も
変わるのでしょうね♪

また、おじゃまさせていただきます♪~

投稿: ミティーク | 2009年6月 2日 (火) 20時33分

ミティークさま、こんにちは。
当ブログへの初書き込み、有り難うございます。
きっと勇気いったことと存じます。
(なんせ広い広いネット洋の底に沈んでいる様なブログですからね)

手前味噌ですがホンマに坪庭は…ええです。
季節の風情を、ちっさな空間で楽しめるわけで、メンテもカンタン…
現代人に必要なのは、きっと坪庭です…知りませんが。

てなわけで菴主、ちゃぷちゃぷに成り代わりの登場でした。
コメントおおきにでした。

投稿: 菴主 | 2009年6月 4日 (木) 18時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1169632/29837208

この記事へのトラックバック一覧です: 銀杏菴の坪庭:

« 表千家流 茶道教室の御案内 | トップページ | 梅雨時分前にようやく雨漏り収まる »