催事等

2017年10月 4日 (水)

坂井ユウジロー展「いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。」

オープンナガヤ大阪2017開催に伴い、銀杏菴では坂井ユウジローさんの作品展「いいことばかりはありゃしない。ばってん 坂井ユウジロー。」を開催します。

熊本市出身の坂井さんは、80年代初頭から関西で数多くの個展を中心に作品を発表し続けています。

彼の作品には温かさの中にピリリとしたアイロニーやせつない哀愁が漂い、その時々の時代を映し出しています。作品はびっくりするような価格で販売されていて、ファンには嬉しい限りなのです。

今回の個展は坂井さんのお話によると「水墨画を中心に、風景画、人物画を発表予定。
また手作り掛け軸やスーパーのトレイを利用した作品、いろんな手作り表現で楽しい展覧会に。」とのことですので、大いに期待が膨らんでいます。

会期は11月9日(木)から17日(金)まで、13時から19時までですが、オープンナガヤ当日の11日(土)と12日(日)のみ10時から20時まで開けています。

入場は無料で、気に入った作品はお買い上げいただけますが、坂井さんの作品は後半には売り切れてしまうことがありますので、ファンの皆様はお早目にお越しください。
もちろんご覧になるだけのご来場も歓迎していますので、お気軽にお立ちよりください。

銀杏菴の場所はこちらをご覧ください→アクセス


S S_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オープンナガヤ大阪2017

 2011年から毎年開催されている「オープンナガヤ」というイベントが今年も開催されます。

 大阪のあちこちに残っている20世紀初頭、大大阪(だいおおさか)時代といわれる頃にできた長屋の魅力とその活用方法を広く知ってもらうイベントで、大阪市立大学・生活科学研究科の先生方や学生さんが中心となって運営されています。
大阪市内のいろいろな長屋の中を見ることができる貴重な二日間です。

 今年は11月11日(土)12日(日)の二日間にわたって開催され、銀杏菴もこのイベントに参加させていただくことになりました。詳細については、後記事をご覧ください。
 オープンナガヤ大阪の詳細についてはfacebook(オープンナガヤ大阪)、twitter(opennagaya)、instagram(opennagaya)などでご覧いただけます。

 

 

Opennagaya2017

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月12日 (土)

PALLALINK REFLECTIONS@オープンナガヤ2016

Pallalink2016c_2 Pallalink2016e  今日11月12日と明日13日はオープンナガヤ大阪2016が開催され、銀杏菴を含め、大阪の約40か所の長屋やお屋敷の見学が可能です。

 11月4日から銀杏菴で開催されているPALLALINK REFLECTIONS 多様な断面|Various Sections ですが、明日11月13日が最終日となります。 

 今回は銀杏菴の1階、2階を使って様々な「光」を感じていただけるような内容になっていますので、昼間の鑑賞もいいですが、夕方以降にお越しいただくことをお勧めします。

 明日の最終日は19時まで、15時からは米子匡司さんとslonnonさんのライブパフォーマンスもお楽しみいただけます。

 まだご覧になっていない皆様、ぜひご覧ください。

 銀杏菴へのアクセスはこちらをクリックしてください→アクセス

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 3日 (金)

杉本春奈さん×伊勢武史さん★10月26日★トークイベントのお知らせ

Boundary02_2 10月17日(金)からギャラリーKaiで開催する杉本春奈さんの個展に伴い、2014年10月26日(日)16時より銀杏菴でトークイベントを開催します。

 杉本さんは高知県出身、在住、これまで多くの展覧会で写真作品を発表してきた若手作家さんで、沢田マンションギャラリー(注)の創設メンバーの一人として高知の若手作家たちのアートシーンを盛り上げる場をつくってきた人でもあります。

 今回の個展「Boundary」は淡路島の自然を捉えた写真作品です。淡路島は大阪の隣にある身近な島で訪問された方も多いと思いますが、観光客が知るものとは全く違う淡路島の姿をご覧いただけるかと思います。

 トークイベントには生態学者で京都大学フィールド科学教育研究センター准教授の伊勢武史さんがお越しくださり、杉本さんとの対談をしてくださいます。

 伊勢さんは研究されたことを私たちにもわかりやすい形で伝えることもライフワークとされていて、生態学のおもしろさと環境について学ぶことの大切さを発信されています。「学んでみると生態学はおもしろい(ベレ出版)」、「地球システムを科学する(ベレ出版)」などの著書を出されていますので、興味のある方はぜひご一読ください。

 参加費は無料、定員は15名となっていますので、みなさまぜひこの機会にお二人のお話をお聞きください。お問い合わせはギャラリーKai(06-6763-1400 kai@gallery-kai.net)までお願いいたします。

(注)沢田マンションギャラリー: 素人が独自に建てた鉄筋コンクリート造の集合住宅として著名な沢田マンション(高知市薊野北町)の38号室に開かれた自主ギャラリー

写真は杉本春奈さんの作品です(©SUGIMOTO Haruna)

銀杏菴の場所はこちらをご覧ください→アクセス 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月14日 (火)

国際写真プロジェクト Seeing Oneself (自己をみつめて)日本展 開催のご案内

Mrhiga_yoshiharu_sample   Mrkomoto_akira_sample_2 Mrtsuchida_hiromi_sample Mrmasuda_manabu_sample Mrkotaka_masahiko_sample

 世界各国を巡回しているSeeing Oneself(自己をみつめて)展の日本展が9月7日(金)から13日(木)まで銀杏菴で開催されます。

 Seeing Oneselfは、2005年からチェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、メキシコ、ポーランド、ルーマニア、スペイン、モロッコ(カサブランカ・国際ビエンナーレ)で開催してきました。Seeing Oneself(自己をみつめて)というテーマで、国ごとに10人ずつのアーティストが1点ずつ出品参加しています。日本展は、10人の日本の作家が新たに加わ り、9カ国90人のアーティストの写真作品を展示します。

 また、期間中、本展の企画者であるJerzy Olek(イェジ・オーレク)さんもポーランドから来日を予定しています。

 同時開催として、オーレク氏自身の個展「Space.Illusion.Emptiness」もGallery Kaiで開催します。詳細はこちら→(クリックしてください)

 銀杏菴の「和の空間」を、日本展のキュレーター、吉川直哉さん(写真家・宝塚大学教授)が国際色豊かな作品で埋めてくださるこの展覧会、とても楽しみですね。色々な国の作家たちのさまざまな作品をこの機会にぜひご覧ください。(入場は無料です)

●Seeing Oneself (自己をみつめて)日本展●

○展示作品 一人一点(写真作品) 9か国 計90作品

○参加国 チェコ、フランス、ドイツ、ハンガリー、メキシコ、ポーランド、ルーマニア、スペイン、日本

○開催日程 2012年9月7日(金)~9月13日(木)13:00~19:00
        
※9/11(火)休廊

○展示会場  銀杏菴(いちょうあん)全館 →地図はこちら(クリックしてください) 
       
○企画/キュレーター:Jerzy Olek(イェジ・オーレク)氏
 
○主催 国際写真プロジェクトSeeing Oneself日本展実行委員会

○協賛 ポーランド広報文化センター、宝塚大学創立25周年イベント応援企画

○協力 銀杏菴、Gallery Kai、Gallery ARTISLONG、ほか

○日本展キュレーター :吉川直哉氏

○ Seeing Oneself展現在までの開催地
チェコ共和国、フラデツ・クラーロヴェー州 2005年8月
Galerie Pod Žebrovkou ("Vidět sebe"), Nové Město nad Metuji, Czech Republic, 8.2005
ドイツ連邦共和国、ベルリン 写真画廊フリードリッヒスハイン2006年1月
Fotogalerie Friedrichshein ("Sich selbst sehen"), Berlin, Germany
スペイン、カスティーリャ・イ・レオン州 サラマンカ “貝の家”図書館ギャラリー2006年11月
Casa de Las Conchas ("Verse a si mismo"), Salamanca, Spain
メキシコ、サンミゲール・デ・アジェンテ イグナシオ ・ ラミレス文化センター 2008年10月
Centro Cultural Ignacio Ramirez ("Verse a si mismo") San Miguel de Allende, Mexico
ルーマニア共和国、クル、マジャル写真美術館  2008年11月 
Muzeul de Artă ("Auto-viziune"), Cluj, Romania
ルーマニア共和国、シギショアラ 2009年5月
Casa cu cerb ("Auto-viziune"), Sighisoara, Romania, 5.2009
ハンガリー共和国、ケチケメート 2010年1月
A Magyar Fotográfiai Múzeum ("Önmagunkat látni”), Kecskemét, Hungary, 1.2010
ハンガリー共和国、カポシュヴァール 2010年5月
Egyetem Müvészeti Kar Galériaja (" Önmagunkat látni”), Kaposvár, Hungary, 5.2010

日本からの出品者:小本 章氏、比嘉 良治氏、土田 ヒロミ氏、笠木 絵津子氏、吉川 直哉氏、徳永 好恵氏、升田 学氏、林 勇気氏、小高 政彦氏、中川 恵菜氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

銀杏菴●坪庭鑑賞会●ご案内

An_niwa  猛暑や豪雨そして台風と、厳しい日々がやっと過ぎ去り、爽やかな風を感じる季節となりました。銀杏菴の坪庭も厳しい日々と野良猫の大暴れのためにちょっと傷んでしまいましたが、それでも植物たちが少しずつ秋の気配を漂わせています。

「セプテンバー空堀」の開催期間中、9月22日(木)と23日(金・祝)の二日間、銀杏菴では「坪庭鑑賞会」と称して、午後はミニカフェ、夜はミニバーを開催いたします。

 9月22日(木)の14時から18時までは、煎茶道(清風流)教授、中賀光祐先生によるすてきなお煎茶のひと時を楽しんでいただけます。
煎茶のお点前もご覧いただけますので、「煎茶道ってどんなもの?」とご興味をお持ちの方もぜひお越しください。

 中賀先生の煎茶道教室は来年(2012年)春より銀杏菴にて開催予定です。
今年10月からは体験講座も予定していますので、まずはミニカフェで美味しいお煎茶をお楽しみください。煎茶道教室、体験講座の詳細は後日、こちらの「銀杏菴だより」でお知らせいたしますので、少しお待ちくださいませ。

 9月23日(金・祝)の12時から18時までは、お抹茶とお菓子をご用意します。(こちらは銀杏菴茶道教室とは関係ございません)

 両日とも、夜は18時より21時までは日本酒と軽いおつまみをお楽しみいただけます。

 初秋の風を感じながら、銀杏菴での静かな時間をお楽しみください。

銀杏菴●坪庭鑑賞会●

○開催日○ 2011年9月22日(木)
                 23日(金・祝)
 
○開催時間○ 12:00~18:00 お茶とお菓子付 600円(前売り500円)
         (9/22のみ14:00~18:00はお煎茶とお菓子付となります

          18:00~21:00 日本酒とおつまみ付き 800円(前売り700円)
       
           ※終了時間の30分前までにお越しください 

○ご予約、お問合せ先○ メール ichoan@nifty.com  
                
電話 ギャラリーKai (06-6763-1400)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月11日 (月)

夏休み企画●三日月豆さんの「子供苔玉教室」

Kodomokokedama 7月も中旬、いよいよ夏休みが近づいてきました。今年も三日月豆さんの「子供苔玉教室」を開催します。かわいい苔玉(こけだま)をつくって、夏休みの間、観察してみませんか?

 苔玉とは、草や木などの植物の根を土で丸くおおって、土の上に苔を巻いたかわいい植物のまとまりです。毎日お水をやって、少しずつ成長していく様子を夏休み中に観察してみてはいかがでしょう。

 夏休みの自由研究にもできるように観察用紙をお渡しします。

 小学生から高校生のお子さんを対象とした教室ですが、保護者の方とお二人でも参加いただけます。

三日月豆さんの●こども苔玉教室●

開催日  87日() 
        10:30~(1時間半程度)

会 場   4名様までの場合: 三日月豆
        5名様以上の場合: 銀杏菴bis (ギャラリーKaiの隣の土間)

参加費  小学生~高校生1名様で参加の場合  1,500円
              お子さんと保護者の方との2名様で参加の場合  2,500円

定 員  12名 ※汚れても大丈夫な格好でご参加ください 

講 師  上本町・苔玉教室&グリーンショップ「三日月豆」主宰 
        松本先生

お問合せ・お申込み 

      三日月豆さん 
      
ブログ(←クリックしてください)のメールフォーム 又は お電話 06・6772・6720

      銀杏菴 
      
メール ichoan@nifty.com 又は お電話06・6763・1400(ギャラリーKai)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月30日 (月)

わただ呉服店「新作浴衣と夏の着物」展@銀杏菴

2011_6  まだ5月だというのに、今年は早くも梅雨入りrainしてしまいました。早く入梅したぶん、あの暑い暑い夏sunがやってくるのも早くなってしまうのでしょうかsweat01

 梅雨が明けると、いよいよ浴衣の季節です。銀杏菴ではゆかた着付け教室も開催していますが、今回は、もうご自分で浴衣を着ることのできる方や浴衣を新調したい方向けの催しのご案内です。

 今里のわただ呉服店さんが銀杏菴で「新作浴衣と夏のきもの展示販売会」を開催されます。

 日にちは6月18日(土)19日(日)の二日間、時間は10時から20時まで、会場はご存じの谷町六丁目の銀杏菴です。ごゆっくりご覧いただくために、こちらへお越しのお客様には、ご予約いただけるとありがたいとのことです。

 また、6月20日(月)~6月22日(水)の3日間は、10時から19時まで今里のわただ呉服店さんで同様の催しをされます。

 上の写真にあるように、さすが呉服店さん、きものと帯と小物のコーディネイトはとてもすてきですね。ご興味のある方はぜひお越しくださいませ。

●わただ呉服店さん 新作浴衣と夏のきもの 展示販売会●

開催日  2011年 618日(土) 619日(日)
時 間  10時から20時まで
場 所  
銀杏菴 ←クリックしていただければ地図が出ます

開催日  2011年 620日(月) 621日(火) 622日(水)
時 間  10時から19時まで
場 所  
わただ呉服店 ←クリックしていただければ地図が出ます

*ご予約・お問合せ先*  
 わただ呉服店 ←クリックしていただければメールアドレスの入ったメールソフトが立ち上がります
 大阪市生野区新今里2-6-7
 電話:06-6754-1529  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

真月洋子さんの作品展

Mazuki2010_2_2   先月のPallaさんの展示に続いて、今月は真月洋子さんの作品展「Stopping by waterside~渚にて~」が銀杏菴1階とギャラリー Kaiで開催されています。

銀杏菴では、木曜日から日曜日までの週末、13時から19時の間でインスタレーション作品が展示されています。梅雨の時期を選んで開催されたこの展覧会は、「水」をテーマにした作品をご覧いただけます。

入り口の部屋にある格子窓が大変身中で、こちらの作品は月~水のお稽古に通われている方たちにもご覧いただくことができます。そして、奥の庭に面した部屋では、ゆらゆらと動く水をなんとも心地よくみることのできる映像が白い襖に映し出されています。

展覧会は7月4日(日曜日)まで、最後の2日間は作家の真月さんも東京からお越しくださる予定です。梅雨空の中、なかなか外出しづらいかもしれませんが、水のイメージで満たされた銀杏菴とギャラリーKaiをぜひご覧ください。

●真月洋子作品展「Stopping by waterside ~渚にて~」●

<銀杏菴での展示> 
7月4日(日)までの木・金・土・日(月~水の展示はございません) 
13:00~19:00

銀杏菴への地図はこちらをご覧ください

<ギャラリーKaiでの展示> 
7月4日(日)まで 火曜休廊 
13:00~19:00

ギャラリーKaiへの地図はこちらをご覧ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

山本弥生さんの革カバン展@谷町二丁目

Bag1

 今日は気温も上がり、初夏に入ったことを感じさせる日差しの爽やかな一日でしたが、そんな中、大手通にあるGALERIE CENTENNIALさんで開催中の「山本弥生の革カバン展 Field」へ行ってきました。

山本弥生さんは銀杏菴ともご縁のある方で、「repigue(レピケ)」という工房を主宰されている革カバンの作家さんです。

Bag2_2  作品は全て革製品です。とてもきれいでシックな色の革を使った、個性的なのだけれど、品が良くてどこかオーセンティックな雰囲気を持った、存在感バツグンで飽きのこなそうなバッグや小物たちが並んでいます。どれもほんとうにすてきな作品です。

Bag5_4 私はクロムにアレルギーがあって、クロムなめしの革製品はあまりさわらないように皮膚科のドクターから言われてるのですが、山本さんの作品は、作家さん自ら革選びをされているだけあって、「これとこれなら大丈夫」と、素材についても丁寧に教えてくださって、安心して革製品と親しむことができました。

  Bag4_2

このヨレヨレな写真では、なかなかその良さが伝わらないのですが、ほんとうにとてもとても素敵な革製品です。展覧会は5月25日(火)まで開催されていますので、カバン好きの方やそろそろバッグを新調したいなと思われる方、それにすてきな作品をみて目の保養にしたい方がいらしたら、谷町筋を北上して、谷町二丁目の交差点を西に入った通りの北側にあるGALERIE CENTENNIALさんへ山本さんの作品をご覧におでかけくださいね。

「山本弥生の革カバン展 Field」

 5月25日(火)まで
 12:00~19:00(土・日・最終日は17時まで)
 GALERIE CENTENNIAL
 大阪市中央区大手通1-1-10
 TEL:06-6943-4060

| | コメント (0) | トラックバック (1)

より以前の記事一覧